ジーンズのウエストの詰め方!自分で簡単に出来るやり方はコレ

ジーンズのウエストの詰め方 裁縫

デニムジーンズって、なかなかサイズを合わせるのが難しいですよね。

足やおしりに合わせたら、ウエストがゆるくて気持ち悪いという事もよくあると思います。

また、痩せて今までのジーンズがガバガバになってしまったという事もあるんじゃないでしょうか。

そういう場合には、なんとかウエストをピッタリフィットさせて、気持ちよく履きたいですよね。

今回は、ジーンズのウエストを簡単に詰める方法を3つご紹介します。

自分にあった方法で試してみて下さいね。

その他のウエストの詰め方はこちら↓
【ウエストの詰め方!簡単な手縫いの方法と縫わないやり方も紹介】

スポンサーリンク

ジーンズのウエストを縫わないで詰める

まずは、簡易的な方法で、かなりジーンズのウエストがガバガバしている時に使える方法です。

ボタンを隣のベルトループにひっかけます。

この状態で、ボタンをボタン穴に入れて止めます。

パッと見違和感なしですよね^^

よーく見ると、ちょっとポケットの位置が中央によっていますが、履いていてもそこまでわかりませんし、人にはこんな履き方してるってバレることもないです。

ベルトをしたり、手縫いをしたりしたくないという場合には、この方法は手っ取り早くておすすめです。

ただし、ベルトループやボタンにはかなりの負荷がかかっているので、あまりやりすぎるとブチッと切れてしまう可能性もあります。

そのあたりは、気を付けて下さいね。

スポンサーリンク

ジーンズのウエストにゴムを入れて詰める

先ほどご紹介した方法では、細かい幅での調整はできません。

あそこまで縮めたいわけじゃないよって場合は、ジーンズの腰回りにゴムを入れてしまうのがおすすめです。

ジーンズの腰~後ろの部分は、布を切ってみると中が空洞になっている事が多いです。

指でつまんでみるとわかるんですが、中が空洞になっています。

ココにゴムを通す事が出来るんですよ^^

難しいんじゃないの?と思うかもしれませんが、実は、ココにゴムを入れるのはめちゃくちゃ簡単です。

このつまんでいる生地にハサミで穴をあけて、ゴムを通して、ゴムの両端を生地に縫い付けるだけ。

やり方は、こちらの動画で詳しく紹介されているので、参考にするといいですよ。

ジーンズやズボンのウエストが大きすぎる時の直し方★ベルトなしでも簡単にぴったりさせる方法

最近は、ゴム入りのデニムもよく売られていますし、後ろ部分にゴムを入れてあっても違和感なし。

自分の今のウエストに合わせて調整が出来るので、履き心地もいいです。

ジーンズのウエストを詰めるのが面倒な時

ゴムを入れちゃうのは、やってみたら簡単なんですが、やり始めるまでが結構面倒。

そういう場合は、コレ。

ベルトなんですが、コレがめっちゃ楽なんですよ~。

ボタンの左右のベルトループまでしか通さないので、脱ぐ時もベルトはつけたままでOK。

ゴムになっているので、かがんだり動いたりするのにも、すっごく楽です。

あまりトップスをインして着ない場合や、他にもウエストを縮めたいデニムやパンツがある場合にもおすすめです。


【楽々ゴムベルト 30mm幅】【サイズ調節可・無段階調節】ズボンの脱ぎ履き楽ちんの楽々ゴムベルト

まとめ

ジーンズのウエスト部分がガバガバでとりあえず、サッと縮めたい場合には、ボタンをベルトループにかける方法が今すぐできておすすめです^^

ただ、長い目で見れば、ゴムを通してフィットさせて履くのが一番気持ちがいいです。

ゴムなら微調整もできますし、ウエストの増減が激しい場合にも安心です。

同じような効果でご紹介したゴムのベルトも便利なので、一つもっておくとかなり使えますよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました