インスタントコーヒーが固まる原因は?飲んでも大丈夫?

インスタントコーヒーが固まる 料理

食後や休憩の時、お仕事の時などコーヒーを飲む機会は多いですよね。

お家ではインスタントコーヒーを飲んでいる人も多いと思います。

私もインスタントコーヒーはお家に常備していて、いつでも飲めるようにしています。

お安いので、ビンに入ったタイプのインスタントコーヒーを使っているんですが、たまに飲もうと思ったら粉が固まってしまっている事もたまにありますよね。

これ、どうにかしておいしく飲みたいけど、どうしたらいいのか、というか飲んでも大丈夫かな・・・と心配にもなります。

そこで、今回は、インスタントコーヒーが固まったときの対処方法や固まらない保存方法などご紹介しますね。

固まりやすい塩や砂糖などの調味料の保管方法はこちら↓
【調味料の保管場所と正しい保存方法はコレ!劣化を防いで安全に】

スポンサーリンク

インスタントコーヒーが固まる原因は?

ビンに入っているインスタントコーヒーの粉がカチカチにひと塊に固まってしまう原因は、「湿気」です。

インスタントコーヒーは吸湿性が高く、多くの湿気を吸い込んでしまう特徴があります。

インスタントコーヒーを入れるときには、必ずビンの蓋を開けるので、そのたびに少しずつ湿気を吸って固まってしまいます。

また、粉をカップに移すときに、スプーンなどを使っている場合にスプーンに水滴がついたまま使ってしまっている人も要注意です。

スプーンについた水滴がインスタントコーヒーの粉を固まらせる原因にもなります。

なるべく湿気を吸わせないための工夫をして、開封後は早めに飲み切るほうがいいですね。

固まったインスタントコーヒーを戻す方法

固まってしまったインスタントコーヒーを元に戻すには、次の方法を試してみてください。

瓶を振ってみる

インスタントコーヒーの入れ物のしっかり蓋をしてから、シャカシャカ振ってみてください。

まだ固まってすぐであれば、これで元の粉末に戻る場合もありますよ。

冷蔵庫にいれる

保管した入れ物ごと、1日冷蔵庫で保管してみましょう。

温度が低い場所は、湿度も低くなるため、サラサラになります。

その際は、温度変動がないように、なるべく開け閉めはしないようにしてくださいね。

電子レンジで加熱する

固まってしまった部分をお皿に広げ、電子レンジで30秒ほど加熱してみてください。

湿気を加熱で飛ばすことで、サラサラに戻せます。

ラップはしないでくださいね。

加熱のしすぎがないよう、様子を見ながら行ってください。

固まったインスタントコーヒーは飲んでも大丈夫?

湿気で固まったインスタントコーヒーは、湿気をもう一度飛ばしてあげれば、元に戻りますが、1度固まってしまったものを飲むというのもなんだか心配ですよね。

コーヒーのメーカーによっては「大丈夫」と言っているところもあれば、「飲まないで」と記載しているところもあり、判断は難しいです。

どっちにしても、固まった段階で風味や質は落ちてしまっています。

通常通りに入れて、飲んだとしてもあまりおいしくはないです。

ただ、私は入れ物を振ってすぐサラサラに戻るような段階であれば、もったいないので飲んでいますよ^^

あまりにも長期間、放置してしまっていたものは、怖いのでやめておくのが無難だと思います。

スポンサーリンク

固まらないようにする保存方法は?

次からはインスタントコーヒーを固まらせないように、対策をして保存しておくといいですね。

密閉性の高い入れ物にする

ビンタイプのものを購入しているときは、そのまま使えばOKです。

ただ、詰め替え用を購入していて別の容器に詰め替える場合は、密閉性の高い容器にいれましょう。

同じくしっかり閉まってくれるビンタイプのものがおすすめです。

乾燥剤を入れる

100均などでも、食品用の乾燥剤が売られています。

そういったものをコーヒーの粉の中にも入れておくと湿気対策になります。

最近は、湿気のコントロールのための珪藻土スプーンなども売られているので、そういったアイテムを使用するのもおすすめです。

フィルムは少しだけ開ける

ビンタイプのものを購入したときは、フィルムがついていますよね。

このフィルムを全部はがさずに、スプーンなどで少しだけ穴をあけて使うようにするのもおすすめです。

これなら、使うときにスプーンですくう必要もないですし、少ししか空いていないので、湿気も入りにくいですよ。

固まる前に飲み切る

インスタントコーヒーは、毎日少しずつ湿気を吸収していくので、固まってしまう前に飲み切ってしまうというのも一つの対策です。

目安としては、開封してから1カ月くらいで飲み切れる量を買うようにしましょう。

大きいサイズのものがお得というのもありますが、結局固まってしまっておいしく最後まで飲めないのであれば意味がありません。

自分が飲み切れるサイズのものを選んで買ってみてくださいね。

固まったインスタントコーヒーの捨て方は?

固まったインスタントコーヒーを元に戻せなかったり、だいぶ時間が経ちすぎて飲めないものは、捨てる必要がありますよね。

ビンから固まりをそのまま取り出せそうな場合は、中身は袋に入れて可燃ごみへ。

ビンは、資源ごみに出してください。

固まりが取り出せない場合は、ビンに直接お湯を入れて、コーヒーを溶かしてしまえばOKです。

まとめ

インスタントコーヒーが固まってしまったら、風味など味は落ちてしまっている事が多いです。

味に変化があれば、飲むのはやめておきましょう。

次から固まらないように、しっかり湿気対策をして、1か月で飲み切れる量のものを購入しておくのがおすすめです。

↓関連記事↓
【インスタントコーヒーにカビ?白い粉や蜘蛛の巣のようなものは何】
【インスタントコーヒーで消臭できる?飲む以外の使い道を紹介】
【インスタントコーヒーは開け方で美味しさ長持ち!内蓋が大事】

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました